2022年11月 9日 (水)

is kitchen @笹塚

おお

みなさま
お世話になっております

今月の営業、今週末です!
11月13日(日)14日(月) 
テイクアウト 14:00〜17:00
レストラン 17:30〜21:00

今月は、日曜日のレストランの問い合わせが多くて、混み合いそうなので
月曜日の夜も営業することにしました

テイクアウトの季節のしゅうまいは

「豚肉とキャベツのクミンしゅうまい」

冬メニューの小肉まんも、先月から、ひっそり再開してます

 

杏仁豆腐のソース用には、

青森からジョナゴールドが届いてますよ🍎

どうぞ、よろしくお願いいたします

87bae61466c5451f9fd032f940ea1079

| | コメント (0)

2022年11月 7日 (月)

2023年度家計簿

みなさま

お世話になってます

久しぶりのアップで失礼します

告知です

 

712m7b5jdil_ac_uy218_

講談社「お料理家計簿2023」発売してます

今回は、10月を担当させていただきました

 

このお仕事

担当した月の1ヶ月分の献立を提案するのですが、

(日別の記入欄の一番下にメモ的に入っています)

これを考えていると、

大学時代、毎日、夕飯を作っていた時のことを思い出します。

 

山口から東京の大学への進学が決まり、

上京の条件は、兄と同居。

そして、すべての家事を担当するということ

(女性が家事をやる、というのが、ウチの方針で、

 そのころは私も、「なんだかな〜」と不公平感を感じつつ、

 それを受け入れていたものです)

そんなわけで、

朝、夕の食事作りも私の担当となったのですが・・・

いくら、実家で時々、夕飯を作ったりしていたとはいえ、

そこは、母の指示があってこそ。

独り立ちするには経験値が低すぎて

今では考えられないような失敗も数多くやらかしました。

レパートリーも少なかったのに、

作っている途中で創作意欲が湧き上がり

(今ならわかる。失敗の始まりは、これ)

方向転換を繰り返し、

(和食から中華に寄せてみたけど〜〜みたいになって、

 どんな調味料を入れたのかを忘れるくらい、色々入れてカオス)

着地点を見失った料理を作ったことも数回😂

まぁ

食べられない料理には至らなかったのが救いでしたが・・・

 

毎年、そんなことを思い出すお仕事(笑)

頑張ってたなぁ〜アタシ

今では、献立作るの、結構、好きですよ!

まとまりのいい献立、立てますよ!!

 

どうぞ、よろしくお願いします!

 

 

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

定食的ウチの食卓〜秋

みなさま

お世話になってます

今年は連続して大型台風が到来して、油断できませんね💦

私の実家の山口も、大抵、通り道に入っているので、

毎回、ヒヤヒヤしています。

みなさまが、被害なく、お過ごしでありますように。

 

さて、

台風が過ぎて行くたびに、秋が深まり、

朝夕は、もう、寒いくらいのこともあります。

こうなると、ウチの食卓も、秋仕様。

実家の山口から届いた早生の栗で、栗ごはん。

しかし、

炊き込みご飯の献立、悩みます・・・

主役は、栗ごはん。

正直、私は、汁物があれば十分。

極端な話、お茶とお漬物で、

栗ごはんだけをモリモリ食べた時代もあります。

 

具入り、味付きごはんの邪魔をせず、

盛り立てるようなおかずとは・・・・?

考えた結果、

・食感が変わる

・酸味や香りでリフレッシュできる

これがポイント。

82c9341f97524accb825efa48c33035e

で、この日の献立

栗ごはんに合わせたのは、

・鮭のコンフィと大根のサラダ 青じそとすだち添え

・冷奴 きゅうりととろろ昆布の梅和えのせ

・ナスの辛子漬け

・油揚げとワカメの味噌汁

 

う〜〜〜ん

渋い!

けど、おいしかったし、大満足🤗

 

鮭のコンフィは、たまたま試作で作ったもの。

ここは、ツナでも、鯖缶でもOK。

和定食な感じで整えるなら、

タコのぶつ切りでもいいですね〜すだちも合う。

もし、

夕食のボリューム感を出したいなら、

生の秋鮭でホイル焼き。

きのこ入れたりすると、さらに秋の食卓感が出ますよね!

(塩鮭は白飯が恋しくなりそうなので、私は合わせません)

 

薬膳的に見ると、

栗の味は甘、性質は温

脾胃腎などを労ってくれるようです

栄養学的にも、疲労回復などに役立つビタミンB1やビタミンC、

水分代謝を促すカリウム、食物繊維などが含まれていて、

夏の疲れが出ているときに、ありがたい食材。

 

ただ、

問題は、おいしくて食べすぎてしまうこと・・・・

みなさまも、ほどほどに、秋の味覚を楽しんでください。

| | コメント (0)

2022年9月 9日 (金)

i's kitchen@笹塚

みなさま

お世話になってます

今月のi's kitchen@笹塚

今週末です

テイクアウトに加え、

日曜、夜のレストランも再開します!

9月11日(日) 

テイクアウト 14:00〜17:00

レストラン 17:30〜21:00

 

9月12日(月)

テイクアウト 14:00〜18:00

 

今月のしゅうまいは、

じゃがいものピリ辛しゅうまい

です

豆板醤で軽く辛みをきかせて

ほんのりスパイシーに仕上げました

そのほか、定番の肉しゅうまいや蜜焼豚

いんげんや、キノコを使った、

夏と秋がせめぎ合う、今の季節にぴったりのおかずも

ご用意しています

今月も、「Mil Tacos」さんでヤドカリ営業
渋谷区笹塚3ー17ー4
どうぞよろしくお願いいたします
伊藤

 

 

| | コメント (0)

2022年9月 6日 (火)

山口の秋・梨到来\(^ω^)/ですが・・・

みなさま

お世話になってます

台風のせいか、昼間は蒸し暑いですが、

風の抜ける我が家では、朝夕、涼しい風が吹いてきてホッとします

 

先日、地元・山口から二十世紀梨が届きました!

F0d41298939e412ab257bb580c61b4f5

赤梨が主流の関東では、あまり見かけない青梨ですが、

私としては、梨といえばコレ!

淡い甘みで、シャキシャキとした食感がみずみずしく、

汗をたくさんかいた夏の身体に染み入るようです

 

薬膳では、

梨の性味は、甘微酸で涼

さらに、効能は

生津に潤肺、清熱などなど。

甘く、淡い酸味(まさに梨!)

キンキンに冷やすのではなく、

身体の熱を軽く取り、

身体も肺も潤して・・・秋の乾燥への備えにもぴったり!

残暑真っ盛りの今の時期にウレシすぎ。

 

薬膳を勉強し始めた頃は、

秋の乾燥が始まるこの時期に

渇きを癒すような梨が出回るなんて、

自然はよくできているなぁ〜と感じ入ってしまい、

つい、

警戒心が薄まりました。

 

ですが、身体を「軽く」冷やすという部分

体質によって受け止め方が違う、

ということを、私は見落としていました

冷え症の私は、水ハケが悪く、むくみやすい体質・・・

そのせいで、毎年、この時期は、お腹がチャプチャプ

あれ?なんだか体調が悪い??と感じている間も

梨を食べ続けてしまったのです

 

勉強や、自分の身体の観察を重ねた結果、

そんなに食べない方がいいのかも・・・と思い至ってからも、

多少は減らしたものの、

以前より食べてないし、と

ここでまた判断が甘くなってしまう私・・・

同じことを繰り返していました。

 

まだまだ暑さが残る今の時期、

つい、口当たりのひんやりしたものを食べたくなりますが、

1日に食べる量は、以前の1/4くらいになりました。

それも、しっかり、よく噛んで、ゆっくり食べる。

食べ過ぎてしまったら、食事に温かい料理を多く作ったり、

ネギやしょうがなどの薬味を多めにしたり、と、

冷やし過ぎないように心がけています

 

残暑とはいえ、

早めに秋に照準を合わせるのが大事だな〜、と

日々実感しています。

みなさまも、自分に合う量と食べ方で、

秋の味覚を楽しんでください!

 

 

| | コメント (0)

2022年8月30日 (火)

秋に向けての夏の鍋

みなさま

お世話になってます

蒸し暑い中にも、

そろりそろりと秋の気配がしてますね

8月も残りわずか・・・

今回は、夏の疲れた胃腸をいたわる簡単鍋。

豆苗湯豆腐です

(文字にすると豆マメしい!!)

19e10d2396684a16a68d1e3dff0433ed

この鍋、試作で作ったゆで鶏のゆで汁に

お豆腐と豆苗を加えただけ。

鶏をゆでる時に、すでに生姜やネギの青い部分は入れてあるし、

薄く塩味もついているので、改めてやることは、ほとんどないのです。

冷たいスープに、お豆腐を入れ、弱火でゆっくり温め、

最後に豆苗を加えて蓋をし、しんなりすれば

ごま油をひと回しかけて、出来上がり!

好みにもよりますが、

豆苗には火を通しすぎず、シャキシャキを楽しむのが私のオススメ。

 

食べ始めは、やさしい味わいが、

暑さに疲れた身体に染み入るようですが、

徐々に進んでいくと、夏の鍋としてはパンチ不足。

途中で、取り皿に特製ニラだれを加えて味変しました。

柚子コショウも、合いますよ!

 

実はこの鍋、

お豆腐は身体を潤す効果があるし、

豆苗には、βカロテンやビタミンCなどが含まれ、

芽吹きの野菜として、元気をもらえる効果も期待できます。

さらに、スープには鶏のコラーゲンがたっぷり!

猛暑続きで疲れを癒したい夏の終わり

そして、

乾燥の季節・秋の始まりにぴったりだったのです

狙って作った、と言えればいいのですが

後から気づいて、

自分でもビックリでした!

 

 

| | コメント (0)

2022年8月29日 (月)

夏の味噌鍋

みなさま

お世話になってます

 

今年の夏の鍋祭り

そろそろ終盤です

 

今回は、スープをラクしてしまう鍋

使うのは、ラーメン用に市販されているスープの素。

ニンニクなどの香味野菜の香りもあり、

けっこうガッツリした風味、

これが夏野菜に会う!

これを規定より多めの湯で溶いて

沸騰したら、ナスの薄切りと空芯菜を入れ、

最後に豚しゃぶしゃぶ用を。

 

C2ec869a87af4234985d36e5cf44a2d4

まず、材料は、3種類

豚肉を撮り忘れてますが・・・豚肉、空芯菜、ナスです。

これで、だいたい1人分。

 

今回、私が使ったのは、

「北海道直送 ラーメンスープ みそ」

あまり余計な甘みがなく、割と好きなスープ。

そのままだとしょっぱいので、

水の分量は、

袋の表示の、1.5倍くらいが目安。

具材の量にもよりますが、1袋でだいたい1人分。

ウチでは、1回で使い切れる所も便利なのです。

 

 

ナスは皮ごと縦半分、端から縦に薄切り

水にさらしておきます。

空芯菜は、5cm長さくらいのざく切り。

葉っぱの部分は、加熱するとしんなりするので、

もうちょっと長めのざく切りでいいですよ。

 

スープを煮立てたら、

ナスを入れて火を通し(だいたい5分くらいかな〜)、

しんなりしたナスを端に寄せて空芯菜の茎を入れ、

豚肉を入れ、空芯菜の葉を入れます。

これが、ほぼ出来上がり写真。

D9f2dc58739a479da59aa03e3c7da71c

私は、ガス台で仕上げていくので、

この後、肉を沈めて、しっかり火を通し、食卓へ!

薬味は、七味と山椒です。

ご飯もすすむ鍋ですが、

最後に、ラーメンを入れたくなるのが・・・ちょっと困ります。

| | コメント (0)

2022年8月27日 (土)

今月のi's kitchen@笹塚

みなさま

お世話になってます

笹塚の営業から、撮影になだれ込んでまして、

こちらがアップできてませんでしたが、

無事に終わってます。

お越しいただいた方々、

ありがとうございました!

A54933f8bdc64a23881dab286190ff20

 

お盆中の営業で「今月はゆるゆる営業かしらね〜」などと

のんきに話していたら、思いがけずバタバタ💦

知人だけでなく、ご近所さんも来てくださって、

充実の営業となりました

ありがとうございました!!

 

もともとは、

習得した「魯菜」をベースにした、

私らしい中華料理を作ろう!とスタートした

月に2日間だけの営業。

コロナが流行して、テイクアウトに踏み切りましたが、

最初のうちは、わざわざご来店いただくことに申し訳なさを感じたり

続けていく意義を考え込んでしまったりしていました

「お盆休みだけど、遠出もできないので、

 家で、おいしいものを食べようと思って♡」と

お客さまが立ち寄ってくださると、胸がじんわり。

しゅうまいやおかずを買ってくださった方々が、

今晩、いろんな場所で、私が作った料理を食べてくれるのだな〜

とても不思議な、幸せな気持ち。

 

私の目標のひとつは、料理で人を元気にすること。

普段の生活の中の、

ちょっとした楽しみになれれば、嬉しいなぁ〜と思っています。

上の写真は、今月の杏仁豆腐

ゴロゴロブルーベリーのソースを添えました

 

来月は、9月11日(月)、12日(火)

今後とも、どうぞよろしくお願いします

 

| | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

i's kitchen@笹塚

お世話になってます

今週末、8月14日(日)、15日(月)は

i's kitchen@笹塚の営業日です!

今月は、昼のテイクアウト営業のみ、

夜のレストランは営業しません

症状は重いものから軽いものまで、

感染力の強いコロナ株が出回っているようですし。

また、来月からレストラン再開できますように(ー人ー)

 

今月のテイクアウト

季節のしゅうまいは「えび入り枝豆しゅうまい」

Dbb9bbe5e32e4bd2812b0a13f0e13d3a

杏仁豆腐のために

先月、栃木からブルーベリーを取り寄せました

思いがけず大粒だったので

果実のつぶつぶ感もお楽しみいただけると

思います🫐

 7940f68407fa484c87775d1abae477a9

どうぞ、よろしくお願いいたします

 

 

| | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

火鍋を盛り上げるアイテム

みなさま
お世話になってます
これまで、
私が貴州で食べた火鍋を紹介してきました
今日は、薬味について。
私が食べた貴州の火鍋
全体を通して塩味が薄めだったのが印象的。
昔は塩が取れなかったため、塩が貴重だったことも影響していると言われます。
それを補うもののひとつが発酵食品
スープは発酵食品をベースにしたものが多かった
そして、ハーブやスパイス類
発酵の酸味に香りが加わって、
爽やかで複雑な味わいになっていました
塩けが強くないと、スイスイ、いくらでもスープが飲める!
食後に、喉が渇いた焦燥感にもかられない。
そしてさらに、
飽きずに食べるための工夫が「ジャンシュェイ」と呼ばれる薬味。
まずは、唐辛子数種(貴州は唐辛子の産地でもあるので、種類も多く、香ばしく炒ったもの、燻煙をかけたもの、などの加工品も豊富)
青唐辛子の小口切り
ネギやニンニクのみじん切り
木姜子(レモングラスの香りがするスパイス)など
驚いたのは、ドクダミの根
少し苦く、スーンとするような香りのドクダミの根を
刻んでありました
お店によって、
それぞれのアイテムが小器に入れてあり、
各自が好みで調合するバラバラタイプと、
オススメのブレンドで、すでに混ぜられたものが置かれているミックスタイプ、といろいろ。
ちなみに私は、生のニンニクがちょっと苦手なので、
自分の好きな調合にできる方がありがたい、バラバラタイプ派
3591681d0d494d35a1261b99b6501b7c
今回、ご紹介した鍋の中では、
紅酸湯鍋の鍋の上にのっている、茶色いお椀が、ジャンシュェイ。
ここはミックスタイプでしたが、
鍋にのせたこのスタイルは、ここでしか見かけませんでしたが、
鍋の熱でちょっと温まって香りがたち、こなれた味になってました。
白酸牛肉湯にも、ジョウシュェイもミックスタイプ。
腐乳に醤油麹のようなものをかけたものと、
唐辛子各種にニンニクやネギを合わせた薬味。
個別に香りをかぐと、わっっ!と、のけぞるくらい強烈ですが、
少しつけて食べると、おいしい。
これまた、私の鍋物にも取り入れたい工夫だな〜と思ってます
Bb860d09da8046f3a61a802c5efc3007

と。

 

 

こうして、初めての火鍋体験に、おいしいだけではない刺激と発見を受けた私は、

1 スープが豚骨や牛骨からとってあって、アミノ酸やコラーゲンが多そう(水分と栄養が身体に染みわたる!)

2 スープに発酵食品が入っていることで、肉の脂っぽさが落とされている気がする

3 温かい鍋を食べていると、クーラーで身体が冷えすぎなくて心地いい(移動のバスは、クーラーキンキンだったにも関わらず!)

というまとめを携え、

ふんわりと、夏の鍋物っていいな〜という印象を抱いて帰国したのでした。

 

数年経って、

今回、改めて旅を思い出してみたら、温故知新で原点回帰

スープを骨つき肉でとるようにはしたり、鶏手羽使ったり、

コラーゲンは意識してましたが

発酵食品を使ったり、ハーブ・スパイス使いがまだまだ未熟。

研究テーマが増えました😀

残り少ない夏の間に、もうちょっと進めて続けます。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました

 

| | コメント (0)

«貴州で食べたキョーレツ火鍋