2024年2月10日 (土)

今年は〜〜

旧正月

おめでとうございます

Img_8140

新暦の新年は

実家で地味〜に終えました

毎年、高齢両親に代わり、

実家の掃除や、おせち作りでバタバタの年末年始。

年が明けてからの1か月、

ちょうど旧暦新年を迎えるくらいまでに

新しい年の目標を決めています



いくつかある今年の目標のひとつが

料理教室の充実

毎月の教室の再開に加えて、

新しい教室の企画を考えています


笹塚の営業も、ちょっと新しいことをやろうかな、と。

こちらでも告知していきますので、

どうぞ、よろしくお願いします!





| | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

@笹塚、ほぼ完売です!

みなさま

お世話になってます
昨日はテイクアウトがよく出て、ほぼ完売してしまいました
ご希望のしゅうまい、おかずが欠品していると申し訳ないので、
ご来店いただく前に、コメント欄からお問い合せいただけると幸いです
よろしくお願いいたします
伊藤

| | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

12月@笹塚

みなさま

お世話になってます

1ヶ月過ぎるのが早い早いと言っていたら、

1年過ぎるのも早かった!と、いうわけで、

今週末、今年最後の営業です

テイクアウトでは、
ほたてのしゅうまいや、小肉まんを作ろうかな、と考えてます

杏仁豆腐には、冬の定番、紅玉ソースを合わせます
どうぞよろしくお願いいたします


12月10日(日)
テイクアウト 14:00〜17:00
レストラン 18:00〜21:00
※レストランメニュ〜は3,500円のコースのみとなります
前もってのご予約をお願いしています

11日(月)
テイクアウト 14:00〜17:00
*売り切れ次第、早めに閉店する場合があります。

場所:渋谷区笹塚「mil Tacos」さんでヤドカリ営業となります

また20度近くまで気温が上がってますが

そんなに暖かくは感じてませんよね、ね。

テイクアウトもレストランも、

ほっこりするような、温かい料理中心のメニューになっています

どうぞよろしくお願いします

 

| | コメント (0)

2023年8月17日 (木)

一人暮らしのゴーヤの食べ方

一人暮らしでゴーヤを買うのは勇気がいる

ゴーヤ1本は意外とカサがある。

そして、苦みもある

きゅうりやトマトと違って、

毎食、生でモリモリいきたい気持ちにもならない

ゴーヤは、なかなか減っていかない夏野菜の一つだが、

栄養があるし、

ゴーヤチャンプルは、夏の間に一回は食べておきたい

料理に使いやすい量のカット野菜も見かけるが

あれを買うのも気がのらない

と、逡巡している間に夏が終わってしまいそうだったので、

とりあえず、1本買った

さぁ、なにを作ろう

Img_7657

これまでは、使う分だけ切って、

残りはラップに包み、野菜室に保存。

そうこうしている内に使いきれなくて、

さようならをしたこと数十回

今回は、なんとなく料理に目星をつけてカットしておくことにした

といっても、全て、タネとワタを除いて、端から半月切り

Img_7658

1/4本は、今晩食べる、おかかあえ用。比較的薄め

1/4本は、さっと煮にするつもり。少し厚め

1/2本は、炒め物にでもするつもり。あえものと煮物の間くらいの厚み

用途によって厚みを変えたつもりだけど、あんまりそうでもなかったかも。

Img_7660

おかかあえは、塩もみしてさっと湯通し

ホントは生でもいいし、

塩もみをしなくてもいいのだけれど

苦みの軽減のために、少し念入りに下ごしらえ

(正直言うと、苦すぎるのは苦手)

醤油をふって、おかかをのせて、できあがり

Img_7659

さっと煮は、ごま油で軽く炒めてから、

かつおだしを注ぎ、しばらく煮てから醤油を少々

かつおだしは、ゴーヤの苦みを抑えてくれるらしいので、

苦みを抜く下ごしらえは無し

めんつゆを使って、クタクタに煮るのもおいしいよな〜と思いながら、

今回は、保存容器に入れて、明日以降に煮浸し的に食べる


Img_7661

炒め物用は、ポリ袋に入れて

ナンプラー少々をからめておきました

カットして下味をつけてあるから、すぐに使える!

数日後に、桜海老を加えた卵炒めになりました

Img_7671

目的だったはずのチャンプルーは作らなかった・・・

#一人暮らしゴーヤの食べ方
#一人暮らし野菜の食べ方

 

| | コメント (0)

2023年8月 4日 (金)

暑い日はスープをひと口

みなさま

なんだかもう

なんだかもぅ

めちゃくちゃに暑いですね

こういう時は、鍋!

去年の私は言っていました。

新しいことはしていないので、

今年も鍋は食べていますが、

アップはしていませんでした。

考えてみたら、

今夏から始めていることがありました!

薬膳スープのレシピ作り

 

以前に書いたかもしれないですが、

肉骨茶は好きで、何度も作りたくなり、

レシピにしましたが・・・

Img_5005

 

・・・あとは、テキトー。

食べると調子いい気がする〜と思ったスープも

記憶だけでは再現が難しい。

興味が出てきて、いろいろ調べていると、

「夏には、これとこれ!」という組み合わせがありそうなので、

食材まで、きちんと計量して、けっこう真面目にレシピを作成してます。

 

そんな中で作ったスープの一つが、

冬瓜やスイカの皮を使ったスープ

Img_7670

体の熱をとる冬瓜やスイカの皮が入っているのですが、

食べるとお腹が温まって、よく眠れる。

そんな気がする・・・

が、このスープ、朝鮮人参的な生薬などが入っていて、

ちょっと独特な風味。

おいしいけど、たくさん食べると飽きてきそうな味なのです。

ちょこっと食べる感じで食卓に出したい、と思って

目をつけたのが、蕎麦猪口。

ビールを飲んだ後のシメの一杯にも、

ちょうどいい!

そういえば、

中国ドラマ(宮廷もの)を見ていると、

こういう薬膳スープ的なものを、

お茶用の蓋碗からすすっていた気がする!

そうか!

和食だと、小吸碗という小ぶりなお椀がありますね

うちには、そういう気の利いたお椀がないのですが、

蕎麦猪口で十分!

 

先ほどの肉骨茶で残ったスープに

トマトや白木耳を入れたスープも、

蕎麦猪口で。

Img_7443

 

鍋&蕎麦猪口スープで、この夏を乗り切る予定です

#薬膳

#薬膳スープ

#蕎麦猪口スープ

 

| | コメント (0)

2023年6月21日 (水)

わたしのパワーフード

今日は夏至

年々、太陽のギラギラ感が増している気がしてますが、

こんな時こそ、自分を元気にしてくれる料理を食べねば!

 

もし何かのアンケートで

「あなたのパワーフードはなんですか?」と尋ねられたら、

私の答えは迷わず「お味噌汁」

 

若い時は、

チョコレートでした

子どもの頃からなので、

チョコレートの時代は長かった

身体が疲れている時も、

気持ちが凹んでいる時も

チョコレートをモリモリっと食べれば、

元気になっていました

が、

最近、チョコが重い・・・

疲れているときに食べると、もたれる

気がついた時は愕然!

数年の間は、気がついていないふりをして食べていましたが、

無理して食べても楽しくない・・・と、泣く泣く断念

 

そうして、疲れたら、

ニンニクを食べたり、お肉を食べたりしていましたが、

今は、毎朝食べるお味噌汁が、

私にとっては、とっても大事。

 

実は

子どもの頃は苦手だったのですよ、お味噌汁。

実家の朝食は和食で

お味噌汁はマストだったので、

毎朝が苦行。

積極的に「まずい」と思ったことはないのですが、

匂いがあまり好きではなく、

特に、今のような季節に食べると汗だく・・・

唯一の救いは、うちのお味噌汁は具が少なめだったので、

とにかく、グッとこらえて流し込んでいました

なので、

一人暮らしになったときは

朝食をパンと紅茶と果物に。

憧れを形にして十数年・・・

会社勤めから転職し、

編集の仕事を始めて激務が続いたある日、

モーレツに「味噌汁飲みたい!」と

体が切望するようになっていました

あれは、なんなのでしょうね

年齢でしょうか。

今ではすっかり、お味噌汁信者

朝は、いりこだしと自家製お味噌で作った

お味噌汁でスタート

今でも、具は少なめで、汁がメイン

 

ちなみに最近は

かぼちゃ

(少量過ぎて、ほぼ見えてませんね〜)

Img_7347

なす

(正体不明です)

Img_7298_20230621221801

えのき、わかめ、ミョウガ

Img_7330

香味野菜の力も借りて、

この季節のお味噌汁も楽しめるようになりました

(お味噌の美白成分を知ってからは、

 積極的に食べてますし)

 

食べると身体が温まって

活動のスイッチが入る気がします

一晩寝れば〜というような年齢はとっくの昔だし、

疲れたら〜〜とガツガツ食べると、さらに胃腸が疲れるし・・・

お味噌汁は、パワーフードというより、

毎日の手当て、お守り的な料理なのかもしれません

 

地味だけど、元気になる毎日の料理

こういうのを作っていきたいし、

伝えていきたいなぁと思っています

 

#料理家の普段のごはん #料理家のひとりごはん #ひとりごはん

 

| | コメント (0)

2023年6月 4日 (日)

グリンピースのその後2

予告通り

グリンピースネタ、引っ張ります

 

シンプル青豆ごはんが好き♡などと書きながら、

実は、もう一つ、好きなグリンピースのごはん物

ターメリック青豆ライス

 

作り方は、

シンプル青豆ごはんの作り方とほぼ同じ。

ただ、塩と一緒に、ターメリック少々を加えるだけ。

ほんのり苦味のあるターメリックの風味が、

グリンピースに合うと思うのですが、

苦味が強すぎると台無しなので

ターメリックの分量には気をつけて!

(1合に小さじ1/4くらいから始めて、様子を見るのがいいでしょう)

 

これには、定石通りカレーをかけて・・・

Img_7401

ドリアで使わなかった鶏肉に、

玉ねぎ、人参、しめじ、赤パプリカなど、

野菜室に、少しずつ残っていた野菜を炒めて

具材にかぶるくらいの水を注いで、しばらく煮込み、

カレールゥを振り入れました。

うちには大抵、カレー粉以外に

カロリー50%オフの「ジャ○カレー」を常備しているのですが、

カロリー云々より、

ルゥが粉砕してあるのが、本当に便利!

一人で、日本の家カレーが食べたい時に非常にありがたい存在なのです。

(このルゥが輝く、もう一つの瞬間は、カレーうどんを作る時)

 

そして、

いくら好きでも、1度に食べるわけはなく、

翌日、再びお昼に登場したターメリック青豆ライス

今回は、無国籍ワンプレート風です

Img_7411

前日のカレーでも使いきれなかった鶏肉(最近の鶏肉は大きい!)に

塩、酒、ニンニク薄切り、チリパウダーを

もみこんでおいたのです。

(料理に関しては、非常に計画的に事を進めます)

この鶏肉をパプリカと一緒にグリルで焼き、

あとは、キャベツのマリネとルッコラを添えて。

テキトーだけど、おいしいTexmex風の一皿になりました

 

これで、グリンピースは完食

冷蔵庫と野菜室の半端食材を使いきった大満足ランチでした

 

 

#料理家の普段のごはん #料理家のひとりごはん #ひとりごはん

#炊き込みご飯アレンジ

 

| | コメント (0)

2023年6月 3日 (土)

グリンピースのその後1

休眠は長いが、

一旦開くと、

連続して投稿してしまう・・・

グリンピースの旬が終わってしまう前に、

今しばらく、お付き合いください

 

青豆ごはん以上かも!

大好きなグリンピーススープ

Img_7394

いつもは鶏がらスープで作りますが、

今回は、ホタテのだしと半々くらいで鍋に入れ、

煮立ったところに、

玉ねぎ(豆と同じくらいのサイズ)とグリンピースを入れてコトコト煮ただけ。

15分も煮れば、グリンピースにも火が通るので、下ゆでいらず。

これもシンプルに、塩、こしょうで味をつけて出来上がり!

生から煮ることでグリンピースの香りが

スープに移って、ぜんぶ丸ごと食べきった充実感!

ホタテだしのおかげか、中華感が増してます。

このスープ、実はグリンピースの食べ方で一番好きです。

 

そして青豆ごはん

1合しか炊かなかったけど、1回で食べきるには、さすがに多い。

ここで無理したり、がんばったりしなくなったのが年の功。

翌日、おいしく食べる方が、お互いのため。

と、いうわけで、翌日は耐熱皿によそった青豆ごはんの上に、

鶏もも肉と玉ねぎのソテーをのせ、

冷凍しておいたホワイトソースと粉チーズをかけて

トースターでこんがり!

ドリアに変身させました

Img_7404

後ろは、自家製ツナとルッコラのサラダ。

簡単だけど、大満足のランチでした。

 

夜の晩酌も、もちろんグリンピース

Img_7400

グラッセ風のスープ煮に。

小鍋に油を熱し、玉ねぎ(再び、豆と同じくらいのサイズ)を炒め、

グリンピースを入れてさっと混ぜ、

ひたひたくらいに水を注いでしばらく煮ます。

冷凍庫で発掘したマッシュルームも投入。

焦げないように様子を見ながら

豆に火が通るまでコトコト、コトコト。

たっぷり水を入れておけば、焦げる心配もないし、

様子を気にかける手間もないのだけれど、

水分をシャバシャバに残したくないので、

減ってきたら水を足す、を繰り返し、

常に、ひたひたくらいの水分量を保ちます。

豆に火が通ったら、バターを入れ、

塩、こしょうで味を整えて

混ぜながら、水けがほとんどなくなるまで飛ばしてしまいます。

グリンピースの青くささと、バターって合いますよね〜〜

フルーティな日本酒「りんごぽむぽむ」にもピッタリでした。

 

これで食べきったと思うでしょうが、

もう一品作ってます(笑)

続きます

 

#料理家の普段のごはん #料理家のひとりごはん #ひとりごはん

#炊き込みご飯アレンジ

 

 

 

| | コメント (0)

2023年6月 2日 (金)

青豆ごはん

山口からグリンピースが大量に詰まった実家便。

時期終盤になって

毎食、グリンピース料理の連打です

 

まずは、青豆ごはん。

私の作り方はいたってシンプル。

浸水したお米を、炊飯器の内釜に入れて普通に水加減

米1合に対して塩をひとつまみくらい入れ、ざっと混ぜ、

グリンピースを入れて炊くだけ。

塩味は、ごく薄め。

味付けというよりも、

白米と、みずみずしいグリンピースの風味を立たせるのが狙いです。

 

しっかりした塩味をつけると、合わせるおかずにも悩む。

ただでさえ、ごはんに具が入っているのに!

と、

これが、私が普段、炊き込みごはんを遠ざけ、

白飯を愛する理由なのですが、

グリンピースの季節はしょうがない。

今回も、

Img_7397

豚汁、ピーマンのジャコ和えを添えました。

豚汁は、だしと豚の薄切り肉をさっと煮て、

トマトとレタスを加えた、夏仕様。

トマトの酸味が意外と強かったので、

しょうゆ味と迷ったのですが、味噌に決めて、

仕上げに、ちぎった青じその上に、ごま油をタラリ。

ごま油は、オリーブオイル&粉チーズにしても、おいしいですよ!

ピーマンのじゃこ和えは、薄口しょうゆで仕上げた箸休め。

 

青豆ごはんは、初夏を実感する料理。

夏のおかずを添えた、季節先取りの食卓になりました。

 

#料理家の普段のごはん #料理家のひとりごはん #ひとりごはん 

 

 

| | コメント (0)

2023年4月29日 (土)

普段のごはん

みなさま、お久しぶりです〜〜

今年は年明けから、

なんだかワサワサ慌ただしく過ごしていましたが、

先週、モーレツ撮影ウィークを終え、

ようやくひと段落しました

 

ごはんも通常運転に・・・といきたいところですが、

撮影が終わると、

使わなかった食材が冷蔵庫にわんさか。

さらに、

次回の撮影の試作で作ったものの、

気に入らなかった料理もある

(試作の場合、新たに味を調整して新しく作り直すため、

 気に入らなかった料理はキープされたままになりがち)

 

料理家の冷蔵庫には、たいてい、

使わってしまわなければならない食材、

食べてしまわなくてはならない料理があり、

それをくりまわして食べきるのも仕事のうち(だと、私は思っている)

しばらくの間は、これらを使って、

自分の食べたい料理に近いものを作っていく日々。

 

今回は、

冬の料理の撮影だったので、野菜室には白菜、大根、青ネギなど

撮影の付け合わせ用に用意しておいたミニトマトなど。

 

そして、試作を失敗した肉味噌

(ちょっと味が‥手というシロモノではなく、

 初めて砂糖と塩を間違えるという

 致命的な失敗をやらかして心が折れ、

 そのまま保存容器に詰めて

 冷蔵庫の奥深くに追いやっていた・・・)

 

そんな、こんなを集めて昼定食を作りました

まず、

白菜は食べやすくザクザク切り、

青ネギも同じくらいの長さでザクザク。

そして、

大根の薄いいちょう切り、

ミニトマトは四つ割りにして準備。

 F7d482e9507245ed9bee6679dbc2021e

 

白菜と青ネギのそぼろ炒め

大根とミニトマトの生姜スープの予定。

 

こういう場合は、まずスープから調理。

小鍋に水、生姜のせん切り、鶏ガラスープの素、大根を入れて煮て、

大根がやわらかくなったところに、

ミニトマトを入れて、ナンプラーと酢少々で調味。

 

そぼろ炒めの方は、

赤唐辛子とニンニクの粗みじん切りを失敗そぼろ(!)と炒めて

白菜の茎を炒めて、柔らかくなったら白菜の葉、青ネギを加えて出来上がり。

 

スープには、もう少し香りが欲しくなり、

野菜室を探ったら、出てきた青じそ1枚をちぎってのせました。

(まぁ、何かしら出てくるというところは頼もしい!)

 4c4aa48d9fef475d9e5acd9535a1bdb0 

こうして、中華定食が完成!

満足度、高かったです

 

しかし、

まだまだ失敗そぼろがあったので、

別の日には、「豆腐のピリ辛そぼろ炒め」

ポイントは、

軽く水けを切った豆腐を焼き色がつくまでしっかり炒めること

香ばしくなって、多少の水分がとびます。

そこに、そぼろを入れて、水少々を加え、

炒め煮にして、豆腐に味をなじませるのこと

 3a8703857c7a42c6a007f2b171712f38

 

写真を撮り忘れましたが、さらに別の日には、

「トマトのピリ辛炒め」、「キャベツと春雨のスープ」も作って

ようやく失敗そぼろが終了

(ひき肉300g分の肉そぼろは大量だった!)

 

失敗も取り戻して、勝った!という気持ちと

無駄にしなくてよかった、という安堵と・・・

 

私の普段のごはんは、こんな感じで回ってます。

 

 

#料理家の普段のごはん #料理家のひとりごはん #ひとりごはん #冷蔵庫にあるもので 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

«i's kitchen@笹塚